就労情報

マレーシアで新たに職を得るには

近年、海外で働きたいと考える日本人が増えています。 治安の良さや日本との距離が比較的近いマレーシアでの就職を目指す人も少なくありません。 目次 マレーシアで働くということ現地採用の給与相場人材紹介会社に登録する就職に当たって必要な経歴、学歴転職先にエントリーする際の留意点マレーシアで日本人が求められる職種採用決定後にや…

海外就職実現の近道 MSCステータス企業で働く

「職務経験」「語学力」「学歴」が充分でない人でも海外勤務が実現できる手段として、 マレーシアには「MSCステータス企業への就職」という選択肢があります。 目次 MSCステータス企業とはMSC企業での仕事MSC企業での主な職種BPOとは新卒直後でも海外勤務が実現「就活中」のビザ申請は無理MSC企業入社のための就職活動MS…

知っておきたい個人所得税のしくみ

マレーシアで就労するに当たって、個人所得税のルールおよび納税手続きの方法について最小限の知識を押さえておきましょう。 目次 個人所得税のルール所得の分類個人所得税の控除項目個人所得税の申告と査定個人の確定申告課税対象となる所得所得税の累進課税税率マレーシア源泉とされる所得マレーシア非居住者への税率マレーシア居住者と【源…

個人所得税の納税にかかる諸手続き

マレーシアにある所得を得ている人は納税の義務があります。 一旦登録ができれば、納税手続きはオンラインで済ますことができます。 目次 税金の徴収機関は内国歳入庁個人用納税者番号を得る【納税者番号の登録】【e-filingのPINナンバー申請】オンラインによる確定申告オンラインによる確定申告の流れ 税金の徴収機関は内国歳入…

出張者に対するマレーシアでの課税

日本などからマレーシアへの出張を繰り返し、滞在日数が暦年で60日を上回る場合は、マレーシアでの課税義務が生じることがあります。 目次 マレーシアで課税されないケース出張者への対応マレーシアで納税義務が生じるケース マレーシアで課税されないケース マレーシアでの滞在日数が暦年で60日以下の場合、または日マ租税条約上の短期…

マレーシアの給与水準と世帯収入

マレーシアの人々が日々の仕事で得ている給与はどのくらいの水準なのか、目安を把握しておきましょう。 目次 マレーシア国民の給与水準賃金水準を統計でみる労働力人口は約1,300万人職種別の給与水準最低賃金について外国人労働者に対するレビー(人頭税)月給統計を詳しくみる マレーシア国民の給与水準 マレーシアの場合、都心のオフ…

マレーシアで加入すべき社会保障

マレーシアの社会保障は3種類あり、働く全ての人に加入が義務付けられています。 ただ、外国人には免除規定もあります。 目次 SOCSO(労働災害保険)SOCSOの積立額EPF(従業員積立基金)EPFの詳細EIS(雇用保険)給付申請の方法 SOCSO(労働災害保険) 被雇用者社会保障(SOCSO)は文字通り、労働災害の保障…

ビジネス用語集

マレーシアでのビジネスにおいて社内のローカルスタッフとの日々のやり取りは基本的に英語です。 日常でよく使われるビジネス用語をご紹介します。 目次 MC(病欠)SOCSO(労災保険) EPF(厚生年金) EIS(雇用保険)Annual Leave(年次有給休暇)Pay Slip(給与明細書)Resignation(退職)…

労働関連法と労務関連のルール

マレーシアにはさまざまな労働関連法があります。 併せて、休暇や賞与、さらに解雇規定などについても把握しておくと良いでしょう。 目次 労働関連法について「改正雇用法」の審議休暇について出産休暇の規定賞与について解雇規定・手当について解雇手当の規定 労働関連法について 労働関連法のなかでも「1955年雇用法」(Employ…

外国人向けビザ取得の条件と手続きの詳細

就労を目的としてマレーシアに滞在する場合、たとえ短期間でも就労ビザの取得が必要です。 正規の手続きを踏んで、申請・受領を進めましょう。 目次 就労ビザについて外国人雇用パスの発給に関する最低月額給与ビザ申請プロセスについて申請先によって書類が違う新規開設企業の外国人就労枠取得についてインターンシップビザの取得インターン…

就業ビザ申請の必要書類とその作成方法

マレーシアでの就職ポジションを見つけても、就労ビザが取れなければ実際に働くことができません。 書類作成のポイントを改めて押さえておきましょう。 目次 申請に必要な書類と諸条件証明写真データ証明写真の準備と圧縮パスポートのスキャンコピー大学が発行する学位証明書(英語版)のスキャンコピー公証人による翻訳証明Certifie…

マレーシアのビジネス言語環境と通訳翻訳業

マレーシアの公用語はマレー語ですが、国民は少なくとも公用語と「母語」ができ、3言語以上を話す人もマレーシアでは珍しくありません。 目次 現地の人々の言語環境について求人の際は「日本語話者」にこだわりすぎない想像よりも「英語レベルが低い」人もマレーシアの通訳・翻訳事情地方都市での通訳は、主要都市から出張扱いで派遣にマレー…




Q&A





PR

戻る