常夏の国マレーシアは、ゴルファーにとってはまるで天国も同然。
アクセスや料金面などをはじめとした、ゴルフを思い切り楽しむための条件や環境が整っているからです。

今回の特集では、ゴルフを始めてみたい方からゴルフ上級者の方まで全てのゴルフ愛好者の方々に便利な情報やサービスをご紹介します!

マレーシアでゴルフを始めたい!何から用意したらいい?(初心者向け情報)

道具

クラブなどはほとんどのゴルフ場でレンタルできるため、最初から無理に道具をそろえる必要はありません。
しかしスイングの練習を行うと手にまめができて怪我をしやすいので、グローブだけは購入することをおすすめします。
慣れてきたら、ゴルフショップや中古ゴルフ用品店などで自分に合ったクラブを見つけましょう。
周りに先輩ゴルファーがいるのであれば、相談するのも良いでしょう。

服装

動きやすい服装を選びましょう。スタンダードな服装は襟付きのシャツにズボン(半ズボンも可)。
日本の場合、ハイソックスを要求するゴルフ場もあるがマレーシアでは不要です。

マレーシアは日差しがきつく、危険防止のためにもキャップまたはバイザーの着用をおすすめします。
また、女性の場合、基本服装は自由ではあるものの、肌の露出が多い服装は日焼けや蚊に刺される恐れもあるため、対策をしっかり行いましょう。

服装

場所

ゴルフ場やドライビングレンジ、シミュレーションゴルフ施設など、ゴルフを練習できる場所は数多くあります。
練習する場所によって環境が大きく変わる為、目的や熟練度に応じて選びましょう。

マレーシアでゴルフレッスンがしたい

ゴルフが上手くなる近道としてレッスンプロに習う方法もあります。マレーシアには「ゴルフ場に併設された練習場」、「独立した練習場」、「インドア練習場」があり、多くの練習場にレッスンプロがいます。
首都圏の練習施設やスクールでは日本人レッスンプロも在籍していることから、言葉の心配もなく、かつ、日本と比べてリーズナブルな価格でレッスンを受けられます。

お役立ちトピックス

チップはコースによって異なりますが、一般的にはキャディひとりあたり50〜100リンギが目安で、プレー終了後に渡すことが多いです。

マレーシアでのゴルフ練習におすすめ!シミュレーションゴルフ施設はこちら

SIM GOLF Malaysia

SIM GOLF Malaysia(シムゴルフマレーシア)

1 Mont KiaraにあるSIM GOLF Malaysia(シムゴルフマレーシア)は、トラックマン4シミュレーターを導入しているインドアゴルフセンターです。
ゴルファーや愛好家の方も楽しめる本格的なシミュレーションゴルフを体験できます。

詳細はこちら→


Mulligan Bay Golf Academy

Mulligan Bay Golf Academy(マリガン・ベイ・ゴルフアカデミー)

ゴルフのプレーを向上させるためには自分の動きを理解することが最良の方法の一つです。
専門知識を持ったスタッフがプレーを正確に分析し、より質の高いサポートを行っているMulligan Bay Golf Academy(マリガン・ベイ・ゴルフアカデミー)をご紹介します。

詳細はこちら→


Golfzon KL Publika Mall

Golfzon(ゴルフゾーン) KL Publika Mall

シミュレーションゴルフとリアルなゴルフは違うと感じたことがあるゴルファーもたくさんいるのではないでしょうか?

そんな本物志向のあなたでも満足してもらえるであろう体験ができるGolfzon KL Publika Mallをご紹介します。

詳細はこちら→


MST Golf Arena

MST Golf Arena(エムエスティー ゴルフ アリーナ)

The Gardens Mallに開店したばかりのMST Golf Arena(エムエスティーゴルフアリーナ)。

ゴルファーもそうでない人も、食事やお酒を楽しみながら気が向いたらバーチャルゴルフもできるといったような、充実したレジャー体験ができる空間です。

皆でわいわい気軽にゴルフをしてみませんか?

詳細はこちら→


マレーシアでゴルフをした後は体のコンディションを

ゴルフで思いっきり楽しんだあとは、体のコンディションはいかがですか?


Japanese Healing

Japanese healing(ジャパニーズヒーリング)の高気圧酸素カプセル

もともとは無重力の環境に滞在する宇宙飛行士の健康管理や体力の維持の目的で研究・開発された高気圧酸素カプセル。

今では多くのアスリートや芸能人が疲労回復効果を期待して利用していることでも知られています。

この高気圧酸素カプセルをマレーシアでも体験ができるのが、今回ご紹介するJapanese Healing(ジャパニーズヒーリング)です。
高気圧酸素カプセルでコンディション万全にしてゴルフに臨みませんか?

詳細はこちら→


AJINOMOTO(マレーシア味の素)|ゴルフ、水、アミノ酸。上がり3ホールも粘り切れるカラダへ。

AJINOMOTO(マレーシア味の素) アミノバイタル®

ヒトのカラダは約20%が筋肉の主成分である「たんぱく質」、つまりアミノ酸から構成されています。

普段より強くカラダを動かし続けると、カラダの中の大切なアミノ酸が消費されていきます。しかもその一部のアミノ酸は、体内でつくることができません。

本特集ではアミノ酸3000mgを配合した、アミノバイタル🄬を紹介します。
ゴルフ、水、アミノ酸。上がり3ホールも粘り切れるカラダへ!

詳細はこちら→


マレーシアでゴルフ用品を買いたい!

ゴルフ用品は、日本と同様にゴルフ場、専門店、量販店、百貨店などで取り扱いがあります。

店舗によって、取り扱いブランドやアイテム、在庫状況が異なりますので、お目当ての商品がある場合は、数店舗を回るのがよいでしょう。

また、日本未発売の商品が販売されていたり、大幅な値引き・特価セールも実施されていたりしますので、日本では手に入らない珍しい商品を購入できたり、日本や近隣諸国よりも安く購入できる場合があるのも、マレーシアならではの楽しみの一つです。


JGolf

JGolf(ジェイゴルフ)

2022年4月15日より新店舗開店セールを実施!!
ゴルフ専門家が常駐しておりますので、これからゴルフを始める方にとって気軽に立ち寄れるお店を目指しております。

詳細はこちら→


Be Golf Pro(ビーゴルフプロ)

Be Golf Pro(ビーゴルフプロ)|ゴルフライフを総合サポート!オールインワン・ゴルフ・プラットフォーム

  • オンラインショップ
  • ゴルフインストラクター紹介サービス
  • ゴルフ会員権取引プラットフォーム

を主なサービスとして提供しているBe Golf Pro(ビーゴルフプロ)。
オンライン上で展開しており、いつでもサービスを受けることができるので、興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?

詳細はこちら→


xxio

人気ブランド「XXIO12(ゼクシオ12)」

ゴルフスコアを上げるうえで大事なクラブは? と聞かれたら、ドライバーを挙げる方も多いのではないでしょうか?

本特集では日本のゴルファーなら必ず一度は聞いたことがあるであろう「XXIO12(ゼクシオ12)」をご紹介します。

詳細はこちら→


SRIXON Z-STARシリーズ

多くのトッププロに愛されるSRIXON Z-STAR(サイクロンゼットスター)シリーズ

米国PGAツアーや日本国内のゴルフトーナメントで多くのツアープレイヤーに支持されているスリクソン「Z-Star」シリーズ。

Z-Starシリーズには3モデルありますが、今回は松山英樹プロが使用している『スリクソン Z-STAR XV』、そしてブルックス・ケプカ プロが使用している『スリクソン Z-STAR ◆(ダイヤモンド)』を紹介します。

詳細はこちら→


マレーシアのゴルフ場はどんな感じ?

実はマレーシアにはゴルフ場が約200コースあり、この数は東南アジアではタイに次いで第2位のゴルフ場数となっています。

一般的に日本のゴルフ場と比較して距離が長く、セッティングが難しい「チャレンジングなコース」が多いのが特徴です。

一般的なゴルフ場の環境は以下の通りです。

  • メンバーコースが多いですが、パブリックコースもあります。格式の高い一部のコース(メンバー同伴が必須)でない限り、ほとんどのコースでプレーが可能です。
  • これまで過去、米国PGAツアー、ヨーロピアンツアーなどのトーナメントが開催されてきた本格的なコースから、9ホールのみのハーフコースまで、様々なランク、レベル、コンディションのゴルフ場が混在しています。
  • 首都クアラルンプール近郊にも40〜50のコースが点在。ほとんどのゴルフ場に車で約30〜60分でアクセスできます。
  • 人気のコースの土日祝の午前中は予約が困難なのでお気をつけて。
  • マレーシアでは休憩はなく、18ホールのスループレーが基本です。
  • 多くのゴルフ場では乗用カート、キャディが付きます。
  • 一部のゴルフ場では、公式なハンディキャップカードと「ハンディ幾つ以下でないとプレーできない」など、制限があるコースもあります。

マレーシアのゴルフ場ってどんな感じ?

KL近郊の地方都市周辺のゴルフコースを25コース一挙紹介!!

KL近郊の地方都市周辺のゴルフコースを紹介します。ご自身のレベルや目的に合わせたコースを探してみてくださいね。

ゴルフコース25選一覧はこちら→


マレーシアのゴルフはお金はどのくらいかかる?

様々なランク・形態のゴルフ場があり、料金体系も平日・週末料金の区別があったりします。日本と比べて、比較的安価にプレーできるのはマレーシアならではの利点です。

ゴルフ場の平均的な金額は、パブリックコースなら100〜400リンギ、メンバーコースではメンバーゲスト250〜500リンギとなっています。

また、ゴルフ場だけでなくドライビングレンジ(打ちっぱなし)等の練習場もあり、平均利用価格は100球あたり15リンギほど。上記でもご紹介したように、室内で練習ができるシミュレーションゴルフもあります。

会員かどうかで料金が変わる施設もある為、詳細は各コース・施設のウェブサイトで確認してみましょう。

お役立ちトピックス

ラマダン期間中はマレー系顧客が減るため、多くのゴルフ場でプロモーションを実施します。
普段、料金などの兼ね合いでなかなかプレーできないコースは、この期間が狙い目かもしれません。

マレーシアのゴルフ会員権が欲しい!日本との違いは?

日本と同様にメンバーコースの会員権を購入するとメンバー資格を得られます。月会費は発生しますが、ゴルフ以外でもプール、テニスコートやジム、スカッシュなどの設備を利用できます。
さらにボウリング場やカラオケも併設しているゴルフ場では、無料または格安で利用することもできます。

また、メンバー本人だけでなく、家族もメンバー扱いとなるため、家族全員で施設を利用できることも大きなメリットです。これは日本とは大きく異なる点と言えます。
なお、終身会員コースの会員権を除けば、売買は基本的に自由です。かつ、数万リンギで購入可能なコースも多いので、長期に滞在する場合は、会員権の購入を検討してはどうでしょうか。

また、コースによっては1〜2年の期間限定の会員権もあるので、自身の滞在期間や目的などに応じて検討してみるとよいでしょう。
メンバーの場合は、プレー費は基本無料ですが、カート代、キャディ代(ゴルフ場によっては保険料)といった別途費用が発生します。

ゴルフ用品ってどんな感じ?

マレーシアでのゴルフならではの注意点は?

マレーシアは日差しが強いので日焼け対策は必須です。目の保護のためにも、サングラスをかけることをおすすめします。

また、脱水症状にならないようこまめな水分補給を心がけましょう。マレーシアでは突然の雨に見舞われることが多くある為、傘を持参すると◎。

加えて、雨と同様に雷も頻繁に発生します。毎年、雷による死亡事故も発生しており注意が必要です。ゴルフ場では落雷の恐れがある時、プレー中断を促すサイレンを鳴らします。その際は速やかに避難しましょう。